IMG_2957
クラッシックカー博物館「Fountainhead Antique Auto Museum」
入館料$10。
係の人に国籍を聞かれる→写真4枚目 電話の様な物を渡される。
それぞれの車の前に番号が書かれているので、その番号を押すと日本語で案内が聞ける。

75台あまりの車があり、常時55台近くを展示。
(メンテナンスなど、修理中で展示していないものがある)
驚いたのは、その殆どがまだ動くと言う事で「生きた博物館」とも言われている。
夏にはイベントを行い、その走行を見る事が出来るそうだ。

時代と共に変化する様は、先駆者のアイディア、情熱、車に対する思いを感じ取る事が出来る。
そして、それぞれの車の横にはその当時の服も一緒に展示されており、車の進化と共にファッションの変化も楽しめる。 その数、約90着!

初期のレーシングカーもあり、安全性が欠けた姿からは少し危ない雰囲気も感じ取れる。

意外だったのは、電気自動車が19年代初期に普及していた点。
一度の充電で64キロも走る事が出来るそうだ。
バッテリーは容易に交換する事が出来、救急車、消防車、タクシーなどに使われたと。
ガソリン車とのメリット、デメリットなどの比較も説明されており、面白さを感じる。
エンジンをかけてから動き出すまでに45分もかかるなど…。
また、高燃費の車種もありクラッシックカーに対する見方が変わった。

当時はオーダーメイドでの生産が主流だった模様で、顧客の要望に応じて車の乗車人数を変えたり、愛犬を乗せるシートを作るなど購入者は細かく指定してきたそうだ。

IMG_4044IMG_2930IMG_2987

IMG_2993IMG_2933IMG_2935

IMG_2934IMG_2936IMG_2937

IMG_2938
IMG_2939IMG_2940

IMG_2941
IMG_2943IMG_2944

IMG_2946
IMG_2947IMG_2948

IMG_2951
IMG_2952IMG_2956

IMG_2957IMG_2959IMG_2960

IMG_2961IMG_2962IMG_2963

IMG_2964IMG_2965IMG_2966

IMG_2967IMG_2968IMG_2969

IMG_2971IMG_2972IMG_2973

IMG_2974IMG_2975IMG_2976

IMG_2977IMG_2978IMG_2989

IMG_2990IMG_2992IMG_2994

IMG_2999IMG_3000IMG_3001

IMG_3002IMG_3003IMG_3005

IMG_3006IMG_3007IMG_2988

IMG_3011IMG_3012