40歳で退職して。
~ Cycling around the World ~

プロフィール

たいち

2019年6月20日に出国、アラスカ アンカレッジから自転車旅行をスタートさせました。

ほぼ初めての海外走行。
四苦八苦しながらも、2020年3月に何とか目的地メキシコに到着しました!✨ 
有難うございます!
今旅はこれにて一度 終了となりますが、また次の冒険でお会いしましょう!

メッセージなどは、お気軽にご連絡下さい。
blue.dream.358@
gmail.com

2019年09月

明日、出発! *\(^o^)/*

2019/9/30 (カナダ84日目)

カナダ、Fort Nelson, Father Poullet Hostel
本日の走行、0キロ

カナダ累計、2,886キロ 


お陰様で怪我の回復も順調です。
まだ左腕は上がりませんが、明日10/1に自転車旅を再開します!^^

IMG_5914
1ヶ月前は賑わっていたインフォメーションセンターも今週辺りからガラガラに…。
本日は1人貸切状態。

IMG_5911
あっ、やってみたいカーリングだ!
俺 器用だからセンスあると自負してます。
やった事ないけど。

前回の事故を含め、走行スタイルを見直しました。
転倒の原因は自分の不注意が1番の要因ですが、荷物の積み過ぎでもありました。
食事にこだわろうと思ったが故に食材が多く、特に調味料が多かった…。
醤油、味噌、塩、胡椒、砂糖、コンソメ素、マヨネーズ、ケチャップ、
BBQソース、マスタード、ピクルス。
これだけでも結構な重さで、多分 過去最重かと。
加えてビールやウィスキーも積んでいたので、自転車には相当の負荷がかかっていましたね…。
申し訳ない… (>_<)

IMG_5915
アウトドア用品店にて銃が販売。

移動中の食事は以前のようにシンプルに戻し、荷物の軽量化に重点をおきました。
また、不要な荷物を日本に送りスッキリさせました。
 
が、改めて見たら大してスッキリしておらず…。
日本に送った以上の荷物が日本から届いたのですよ…
勿論、自分で頼んだ荷物なんだけど、どうしたらいいものか… (-_-;)

相変わらず重量級であることに変わりなく、どうしたら海外のサイクリストの様に軽量化 出来るのだろうか…?
根本的な考え方の変更が必要なんだろうな。
まぁ、一部では「荷物が重くなればなるほど旅は楽しくなる!」とも言うし。
確かに…。
旅のコンセプトを、どこに置くかなんだろうな〜。

また、明日から暫く電波のない環境に入ります。
天気予報では道中の2日間、雨or雪らしく、次の街  Dawson creek に着くのは7日後かな…。
到着したら、またブログを更新しますね。
いつも、有難うございます。^^ 

デンプスターハイウェイまとめ

FullSizeRender
せっかくなので、達郎君を真似して「デンプスターハイウェイ」についてまとめてみました。
と言うか今現在、怪我の療養中でして、やる事がないのですよ私…  


IMG_4499 IMG_3277 

【基本情報】
デンプスターハイウェイ
クロンダイク ハイウェイ ジャンクション→イヌビックまでの全長734キロ

尚、イヌビックまで行き、そこから148キロ先の北極海に面した街トゥクトヤクトゥク(タック)まで行かない人は少ないと思うので、ここではタックまでをデンプスターハイウェイとしたい。

途中に、トゥームストーン準州立公園があり、秋の紅葉には多くの人が訪れる。
秋には、この区間のみ走行するサイクリストも多い。
239023_disp

川越え、二ヶ所(無料フェリー)

アメリカ大陸から北極海へと通じる道は、この二つに限られる。
・アラスカ「ダルトン ハイウェイ」
・カナダ「デンプスター ハイウェイ」

【路面状況】
全路面は全て未舗装。

私はドーソンシティからスタートし、クロンダイクハイウェイからデンプスターハイウェイに入り、北上する様に走行しました。
序盤は道も硬く踏み固められており、走り易さを感じる。

未舗装と言ってもその状態は様々で、一部 粘土質の様な区間もあった。
IMG_4735IMG_4951
私が走行したタイミングで丁度 その区間で雨が降り、粘土質の土がタイヤに巻きつき、押して歩いても前に進む事が困難なぐらいひどい状況もあった。
また、イヌビックを過ぎた辺りから大きな岩も出てきて、基本 北上するにつれて路面状況は悪くなる。

特徴的なのは、砂埃が凄い…。
トラックなど大型車が通過すると、煙幕を食らった様に一瞬前が見えなくなる事もあった。
食事中にご飯が砂まみれになった事もあり、最悪…。

標高は1,300メートルぐらいまで上がるが、基本は北極海に向けて下っていく感じ。
しかし、上り坂は押して歩く場面が多く、決して楽な道ではなかった…。

【水】

前半、川沿いを走るので携帯浄水器があれば当分の水の携帯で十分。
私はドーソンシティからガッツリ水を積んで走行してしまったが、後々 後悔した… 

最初に現れるインフォメーションセンター Tombstone interpretive centerにて給水も可能。

IMG_4601

エンジニア クリーク(約200キロ地点)を過ぎた辺りから写真の様に水が濁ってくるので、そこからイーグルプレインズまでは十分な水の携行が必要。

IMG_4610
所々 山から流れ出ている天然の給水所も発見出来るが、どこで出現するのかは不確…。
イーグルプレインズからは再び水が綺麗になり、また二ヶ所目のインフォメーションセンターNational teritorial parkでも給水可能。


全体的には綺麗なクリークが多くあるので、携帯浄水器があれば特に心配する必要はない。
注意が必要なのは、エンジニアクリーク→イーグルプレインズ間のみではないだろうか。



【食料補給ポイント】

三ヶ所

・イーグル プレインズ(369キロ地点)

・ポート マークソン   (550キロ地点)
・テッシリンチ        (650キロ地点)
IMG_4669IMG_4803IMG_4825
(テッシリンチはポート マークソンから近く、スーパーの品揃えは悪いらしいのでここでの補給はあまり意味がない。また、イヌビックまでのルートからも逸れ、高台に建つ協会程度しか見所がないので、興味がない方は寄る必要もないかと)


イーグルプレインズでは、レストランやお洒落なバーはあるもののスーパーはなく、テイクアウト出来るのはサンドウィッチ、マフィン、お菓子、ジュースなどの軽食のみ。
ここのバーで働いていた女性が
個人的にはタイプだったぞ。
1人でバーを回す、仕事も出来る方だった。
IMG_4689IMG_4690IMG_4670
IMG_4697IMG_4686IMG_4687
食料に関しては、前半イーグルプレインズまでと、そこから先の後半ポート マークソンまでが勝負となるであろう。


【食料の無料配達サービス】

ドーソンシティとイヌビックからイーグルプレインズまで食料を配達してくれる無料サービスがある様だ。
私は自身で確かめてないので不確だが、何人かのサイクリストから聞いたので間違いないと思うが
要確認

尚、箱の大きさも問わないようだ。



【インフォメーションセンター】

2箇所
Tombstone interpretive center (70キロ地点)
・National teritorial park     (560キロ地点)
IMG_4538 IMG_4798
双方、給水が可能。

その他、見所は特にない…。


【キャンプ場】
多分、7箇所、$12
(水や電気などはなく、トイレ、テーブルがあるのみ)
IMG_4733
私が利用したのは、Rock River Campground のみで後は野宿。

IMG_4700
イーグルプレインズでは、$25(シャワー込み)

【北極圏】
406キロ地点で北極圏(北緯66度33分)に入る。
だから何…?と言われれば何もない…。
B5AE6CBD-2B03-4444-BD5F-5880BB142A56

【州をまたぐ】
465キロ地点でユーコンからノースウエストに入る。
だから何…?と言われれば何もない…。
E5269249-94DA-4185-89EC-20198AAA0F88

【帰りの移動手段】
・飛行機
知人が飛行機を利用していたが、自転車の梱包は必要ないみたいです。
・ヒッチハイク
良心的なドライバーが多いので、比較的容易ではないかと。
自転車があるにも関わらず、皆親切に対応してくれた。

【気候】
スコールがチョイチョイあるので、レインウェアの用意も。

秋にはトゥームストーン準州立公園の紅葉が有名。
しかし、その時期に北極海までの自転車走行は寒く、容易ではない様に思える。


【熊などの動物】
幸運にも、熊との遭遇は1度もなかった。
しかし、通りかかったドライバーがこの先にいたから気を付けろ!とアドバイスをもらう事が何度かあったので
ベアースプレーは必須。

熊より恐怖を感じたのは蚊の多さ!
数匹ならこちらが攻撃体制に入るのだが、場所によっては30匹近くに一度に襲われた場面があり、熊より危険を感じた。

虫除けスプレー、フライネットは必須!

服の上からでも刺してくるので、全身スプレー掛けが必要。

ハーフパンツで走行していたが、ブログにアップ出来ない程に膝から下が醜い事に。


なお、蚊取り線香は殆ど効果が薄かった。

【北上or南下】
私は北上するようにドーソンシティから出発したが、飛行機でタックまで飛びそこから南下してくるサイクリストも多く見かけた。
どちらがいいとは言えないが、北上する場合は、北極海というゴールに近づいて行くに連れて気持ちも高揚して行く。
しかし一方で、ゴールしてからどうやって戻ろうかという不安も同時に抱える。
南下組のメリット、デメリットはその逆ではなかろうか。


【差し入れ】

通りかかるドライバーがとても親切で、私は何度も差し入れを頂いた。

IMG_4559IMG_4616IMG_4653
IMG_4724IMG_4748IMG_4832
IMG_4850IMG_4963
水、3

シナモンロール

ビール
魚 

ペプシ

サンドウィッチ

バナナ

パウチ ドリンク


【最後に】
自転車旅を始めて二ヶ月目と経験があまりない私にとって最初の大きなチャレンジとなったが、その後の大きな糧となった。

私は走行が遅く、イヌビック到着までに11日も要してしまった。
イーグルプレインズ、道中の雨でそれぞれ休養日を設けてしまったが、人によってはもっと短い期間で走行が可能だと思う。
そして、イヌビックでも3泊4日の滞在を経てからタックに向かったので、結果的に片道だけで16日もかかってしまった。
初日に出会ったドイツのサイクリストは、往復で18日間だった様な…。

道中は、車もバイクのドライバーも北極海到達と言う同じ目標の元走行していたために、一体感がそこにはあった。
その為か多くの差し入れを頂いた。

ちょっと自転車を止めていると「大丈夫か?」「何かあったか?」と頻繁に声をかけられた。
過信は禁物だが、何か困った事があっても助けてもらえる環境下だとも感じた。

結果としては楽しく、チャレンジして良かったと言える。

本日、雪…  (-_-;)

2019/9/26 (カナダ80日目)

Fort Nelson, Father Poullet Hostel
本日の走行、0キロ

カナダ累計、2,886キロ 


IMG_5909

分かりづらいけど、雪です…


FullSizeRender
ちょっと、ちょっと…
積もる事はなさそうだけど、これからの走行が心配… 
寒いし…  (-。-;

発見は、朝を好む!

724aea25636c6dc79a45f15484ce3b13_l
うん、タイトル通りで説明の必要はないと思います。
「発見や閃きは、決まって朝に訪れます!」 ✨

「早起きは三文の得」とも言いますが、早起きすると有意義に時間も使えて気持ちがいいですよね。

しかし、自分で言っておきながら、早起きが苦手な私には痛いフレーズだ…  
(-_-;)

願わぬ形で叶う夢…

EnCWBm5PSYe0cFB9MlutPw
そう言えば、当初ここフォートネルソンの街に来た時に、
こんな事を言ってしまったのを思い出しました。

お世話になっている宿は無料だし、
毎日、無料のサブウェイのチケットがもらえるし、
インフォメーションセンターでは、美味しいコーヒーが飲み放題だし、
「暫くこの街に居たいです!」
と言った事を思い出しましたが、その夢が願わぬ形で叶いました…

怪我により一ヶ月滞在… (-。-;

神様はちゃんと聞いていたのですね…
宇宙へのオーダーの仕方を間違えた様だ… 
スポンサード by
下記、ブログ村に参加中
クリック お願いします!
ブログ村 ランキング!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
  • ただいま~!(^ ^)
楽天市場
  • ライブドアブログ