SEDONA(セドナ)
7E4255FD-9D77-4CE6-A51D-7242786727BE




「ボルテックス」とは、エネルギーが渦巻く場所。
日本では、パワースポットと言った方が馴染みがあるかもしれませんね。
ここセドナには、エネルギーが渦巻いている場所が沢山あります。
その中でも、特に大きなエネルギーが噴き出ている4大ボルテックスと言われているのがこちら。

・Airport Mess(エアポート・メサ)
Bell Rock(ベル・ロック)
Cathedral Rock (カセドラル・ロック)
Boynton Canyon (ボイントン・キャニオン)

またエネルギーは、男性と女性があり、ポイントによってエネルギーの種類が異なってくるそうな。
男性は、決断力が上がる。とか
女性は、癒しのエネルギー。だったかな…。
ボイントンキャニオンの様に、男女両方のエネルギーを持ち合わせているポイントもあるぞ。


Airport Mess(エアポート・メサ)

最初に訪れたのは、セドナの街が一望出来るエアポート・メサ。
その名の通り、山頂には空港もあります。
128A39C0-F042-4301-9561-B9E72101F2804A0BE459-139B-4749-A022-9610D4C18DF1
F6C0BDD8-BCB7-4A07-9772-9E11FDF0DC7830C83EE7-2D97-4F31-9569-2ABB4F461027
まず目に付くのは、ジュニパーの樹。
ボルテックスの影響を受け易いと言われております。
通常は真っ直ぐに延びる木ですが、渦巻くボルテックスの影響で捻れております。
966825B2-6D27-49D1-97F1-A73102985557
遠くにはベルロックが見えます。
923BCD3B-8612-4D04-A927-C23F359B4E2AF453F609-84A7-4498-9A92-C82BF34EA27F
F3FF20A8-94DA-4C4B-B6E2-4419F9E4E537DC314F6B-21F6-43CC-8C08-26CA3C171F61
こちらは、サンダーマウンテン。
正式名称が他にある様ですが、この山に雷がよく落ちるのでそう呼ばれております。
ディズニーの創業者 ウォルトディズニーもここを訪れたそうで、ビックサンダーマウンテンはここからヒントを得たそうですよ。
DB52AC8A-5173-4862-82F7-3AC869258F5CE59AF53D-3818-4B3C-A320-5F6D386EBF48
28046367-001B-462D-B004-46F9E8A8C80D
トレッキングコースもあります。
人がいるのがわかるでしょうか?
C060AA3B-6601-4714-996B-48D4005A2621C9018DA7-4807-4E3D-8D54-3FB31E8AEE72
683658C4-57E2-40B2-9F0D-04E06A154D2A566D0EF4-28FB-47D3-8275-1587E39D36CC
A81D6DBB-BDAE-4FAB-8937-B67189ABF17D49C1DD6A-0971-43C8-8588-1804B178E8F8
9F4515BC-4CF3-4319-8F38-C2DA93685A0A
ここがボルテックスを感じるポイントだそうです!
私は、何も感じませんでしたが…
IMG_69826F791E55-F701-446E-823A-412DAC39677B
E25395EA-06D8-47CC-92DD-361B5D0FC88053CB425B-BED7-4511-90D3-2CF0132B135A
8D0FAE35-C891-4EA1-B9CD-08D1676566EEIMG_6983

Bell Rock(ベル・ロック)
18C689A1-8288-4239-8670-6E00F50D8BEA
BE551C71-E851-4825-80B6-820ABA4DD558
71D2F29F-94CA-49CC-87F1-61AD74DEDD68

Cathedral Rock (カセドラル・ロック)
7E4255FD-9D77-4CE6-A51D-7242786727BE
右下に見える建物は、目が良くなるレーシックを開発した医師の別荘らしいぞ。
BB1909AC-9044-4810-B8F0-6DDE5521CF3C
19CBBF90-68BF-497E-89FC-76FE0598AF63
1AD497B9-2D96-409D-888F-F39C0624E6CD
反対方向からの、カセドラル・ロック。
角度によって、見え方が異なって来ますね。
8B7B77E5-AC57-4ABB-883A-688B37B9849A

Boynton canyon (ボイントン・キャニオン)
96DF64B7-84C4-478C-8E53-3C020B766EBF
F573854D-EA9C-4B53-A6D9-A3EEE2BC8273BD9562C9-60D4-41B9-804E-04F472BE0030
39731AC2-DE3B-436A-8E81-5428EAC6388556B59561-FBC5-4DFE-AECA-F958ADFC9260
CD2FE3B7-D574-40A6-BC84-26962B3AF6EC0D961426-1081-4535-AB82-1611ED17EE56
D75AB1A3-4512-4261-987F-41EC16C33B3ADB692D57-D4B7-454B-8880-9D3E69B01E93
68AB9D32-985A-4AA4-AB35-9AF0B7F21C5B8E60CBCC-95AD-454A-92FC-2C15D18A7806
54055B79-9581-45AD-80F5-9E2D6EB108041E7C8D4C-F26C-406B-8261-263FC655C483
D75AB1A3-4512-4261-987F-41EC16C33B3ADB692D57-D4B7-454B-8880-9D3E69B01E93
54055B79-9581-45AD-80F5-9E2D6EB10804C25E21E3-D5BD-4378-825A-B65CDAE4F1FD
03836AEC-CE11-4878-8646-04A1761DB6A645843FFF-019D-43F3-A056-84682E8F45C7
53815C63-3589-4F2C-890B-0CCD4989D659
ここには
女性のパワーを持つ岩「カチーナウーマン」
男性のパワーを持つ岩「ノエル」
があります。
てっぺんに登らずとも、双方の岩の間に立つだけでもエネルギーを感じることが出来ます。

すぐ隣には高級ホテル、「エンチャントメント・リゾートホテル」があり、有名人がよくここを利用するそうです。
ボルテックスの中にあるホテルとは…
滞在しているだけで、体が充電されそうですね。
私もいつかは泊まってみたと思いました。


Chapel of the Holy Cross(チャペル オブ ザ ホーリー クロス)
22095155-64E9-43FD-B7C7-B846629CF6C2
870BCB09-759B-410D-98C8-C04A104535118AF3CB92-6B44-4591-A15E-402C42A20981
99FCE52C-A531-441C-8114-CD7F93C9D03A
2AFE7342-CC5C-4743-85D6-EF8F1A67EEAB41BADC37-496F-485C-9F8A-66D4537BB1D1
こちらは4大ボルテックスではありませんが、十分にパワーを感じる教会です。
柱の部分が十字架になっている、何とも斬新なデザインですね。
教会内部、正面にいるキリスト像、最初はなかったみたいで後付けの様です。
こちらを見ている様で、不気味ですね。


Seven Canyons Golf Club(セブン キャニオン ゴルフ クラブ)
71E6902A-38DB-4CB2-91BC-022328496FC2
54F34B85-BF48-4FC1-A2CF-4103807F1BDC60B78C1D-D915-432A-954B-1791303797CE
E109F694-C960-49A3-9822-D3945C4D441FFCD6999D-0309-4218-87E6-FEE059D09E97
8A219AAF-EE95-4927-845E-B75E544C7F406204F482-DCFF-4AEC-B6D8-4DB1B012BD7D
51FEEBBC-5C67-4FBF-97A2-41D0A9A629E00B527DA1-19EF-4000-B659-1AD333FF2F21
4E99287B-22F3-42BA-91BD-D2ADF43540587F9C7A1D-2791-4894-BCC0-9F334D748937
B37837F3-F7FE-4913-B10F-DA95A17A53677BFEAB78-B436-4035-9831-1249C8A2E570
E47CFE22-9996-43FC-B22C-DDAE2CBA5EE02666E56F-B32C-4356-ACC7-6D4625CD6E93

Rachel's Knoll(レイチェルズ ノール)と表記している場合もあります。
この土地を最初に買い取ったのが遺影に写るレイチェルさん。
物凄いエネルギーを感じ取り調べてみると、先住民が神聖な儀式を行う時などにこの地を利用したそうな。
「この素晴らしい場所は世界中からの訪問者と共有するべきだ」
と一般公開していました。
しかし彼女の死後、会員制のゴルフ場が出来、一時は会員しか入れない状況になりました。
これに対し遺族が激怒、裁判をおこし見事勝利。
入場料はかかりますが、再び誰でも入れる様になりました。とさ。

私個人的には、4大ボルテックスよりここが一番良かったとですよ。
あっ、でもボイントンキャニオンも良かったな。
と言うか、ベルロックやカセドラルキャニオンは遠くから見ただけなので、何とも言えないか。
次回は是非、全てのボルテックスを訪れたいものだ。 

4863A034-4AB5-47F0-A65E-DBBAC9072C65736553A0-3A87-4077-BF1E-A3DBB81C790317385BFE-E2FB-4752-A471-74688BCD4B82495593C2-8372-45CB-959B-B6F776385036
「センチュリープラント」
別名、カウボーイ殺し。
このトゲトゲ、メッチャ硬いんです。
確かに、この上に落ちたら本当に内臓までグサリと行ってしまいますよ…。

面白い植物で、一か所から背の高い花茎が伸び、開花、その後 枯れて倒れてしまいます。
写真が前後しておりますが、私より高く伸びているのがわかるでしょうか?
この後、2枚目の写真の様に倒れて種を巻き、生命を繋いで行くのですね。
5E9AF139-C382-43E4-B5B9-3FF7FF4EBE89
セドナさん
街の名の由来の方です。
初代郵便局長が、自分の名前をこの街に付けようとしたのですが、名前が長過ぎて却下されたそうです。
仕方なく、奥さんのセドナさんの名前で落ち着いたそうな。

代わりに、局長当人の名前はストリート名に当てられたのだが、何て名前だったかな…。


FullSizeRender
私の大好きな YOSHIKIさん。
最近、よくセドナを訪れているそうです。
横で笛を吹いている方は先住民のシャーマン。
「自然と繋がり、そのパワーを使って人を癒す人」
だそうで、何人かいるみたいですね。
(写真はネットより引用)

ガイドさんの説明でここの場所が判明し、私も訪れました。
彼と同じ場所に立てただけでも嬉しいですね。


オーラに鈍感な私でさえ、その力を感じる事が出来ました。
アラスカから始まった旅ですが、もう一度訪れたいと思ったのはここセドナが初めてかもしれません。
興味がある方は是非!