C09559E7-8FB0-49D0-A940-483BF3E686C4
「ソチミルコの人形島」
英語では「The Island of the Dolls」と言われてますが、現地スペイン語では「Isla de las Munecas」と呼ばれております。

CNNが発表した「世界7大禁断の地」の1つとなります。
因みに、他の6つは以下の通り。
チェルノブイリ遊園地(ウクライナ)
セドレツ納骨堂(チェコ共和国)
アコデセワのブードゥー崇拝市場(トーゴ)
コンジアム精神病院(韓国)
青木ヶ原樹海(日本)
軍艦島(日本)
全て訪れてみたですが、チェルノブイリや軍艦島などはハードルが高そうですね…。


何故、この様な不気味な島が出来上がったのでしょうか、調べてみました。
この人形を飾り付けたのは、ドン・ジュリアン・サンタナ・バレーラさん。
ある日、彼は運河で溺死した少女を発見します。
そして、その近くには彼女の物と思われる人形がありました。
彼は少女を弔う意味を込めて、その人形を近くの木にくくりつけました。
以降、少女の霊を供養する為に運河に流れてくる人形を集めては島中に吊るし始めたそうです。

人形を持ち込んで飾る事も出来るそうで、特に子供が亡くなったご家族の方が訪れては人形を置いて帰るそうです。
17764772-CBB4-4BE2-AA96-F2F52C7E8651 E042E4B2-1E6E-4E94-BB01-99CBE44BC427
595624B2-43B9-42C7-B134-F31F203199FF D8CFC740-E7B2-47EE-ACF1-A9A9D1C72DE6
52813F1D-0047-484A-B7D4-BB7CB1A7894E A826DCB0-0124-401B-B690-171932FE6D28
CD9AB892-5D92-4C21-9F38-092F2A9509BF 2127BC72-2AAC-4DBF-B474-8302C2D738A8
3A76CD0E-259F-43F4-87A2-97FBFB4ABAA4 52622B61-F4AD-4081-8C5A-1F28B27D988C
7272ACFE-F112-4219-BCAE-94C87052AF6E 5686F4D2-1C38-446E-BB14-C0D2D16FACF4
B7A904A8-E490-4EBB-B641-E8E86F9910B6 8E7C627F-4A90-4FF2-B8FD-DF1EC4430D59
2E3AEBEC-50A8-4142-A49A-1F249389053B 9AA7B4F8-1D32-4955-AC36-E128E93E2333
3E11C5EC-450B-402F-8185-D2F1B5946ED3 50EA8BD2-D013-4DB8-B063-D271A71081D6
39A9F64B-CCFD-4922-927D-6A3D1C0C2AAF A44A26D0-0578-4548-A946-2ACE6504E425
435D62FA-CB87-4FA0-AAAB-81A1F6B0AD57 27838FAF-53BF-41FF-A5D9-1D1CD66BA725
BCF81633-1036-47B4-BD27-40AE3E8D06F9 86E22BDA-C3C3-4596-9B3E-5A474AA6CF14
8CD7BF15-DD33-4A6F-9692-E61F44A36D4B C919A42F-93B0-4601-92DA-A4EB6D4BD3CE
A97E6845-177B-4396-8DF1-F47A4B019CC5 FDCB0762-3B5B-498E-9BF5-5129FB83922D
A7C93713-A183-4EA3-A825-B00DE556EF7E F0F81B67-DE8A-430B-8BB2-8651F156D44F
046F2EE3-F4E9-4BBE-A17B-C16063C53208 04A31D23-4317-4B18-B646-D05EDA03D9DE
2F05010D-3F7B-4749-93B0-35CF5F2F9E90 C9D1AEA1-A63A-4A37-9E39-06D76F0835DD
この写真の方がサンタナさんです。
105B3821-7A1F-4CD6-8117-73D7E1A3C852 E8B2F346-0252-4133-B1AD-652547E72173
4DB94D21-52A0-418D-9AD9-149F11751934 B61E248B-127B-4846-AFDB-3F3F6207F5B7
D0F8D9B1-DDF4-4C6B-B332-F1CC1EE9CA9B 3DCC3D9A-52FD-4E5B-A50D-D57402A807EB
F44FB166-052E-4B3D-A9E9-8A7D08224FE3 404C2946-1C4D-4C14-8B5C-991BCB643292
82D7BA21-72C4-41AF-A38C-E274949FA4E7 951F8807-9ACA-4810-9628-BE399DBB8BD8
38596CB6-0995-4402-BC24-0241F2B639A0 2C28E0F2-694E-4CD1-BBBC-05345388CEC7
884CBC4A-350D-4ED2-97FE-1EFB884BE63D 6FB58733-A61B-4F32-B1ED-9021B486F22F
12899580-B768-4F11-9F5B-940E2AC56EB6 FA5D3543-6431-4611-8F7F-491B7F596884
EF6BE1E0-F1C0-4122-B907-56487945ADE5 66F9A849-EE5E-47DC-9024-676CA0955C8F
18B89B39-3DE9-49DF-9FB1-AE9A01747FF5 D0069D37-4536-482B-BD5D-55EC8BFD11C0
8E135F18-15C2-479E-A538-8B28EF7306ED 8D0CA718-ECAA-412B-BAB1-F22C9A6484B2
5AC78CD7-5DA0-4257-AFE1-DC52324AB599 4066A6B8-FA7E-4893-9B30-FBB9B328FA16
E47B1B31-34CA-47EB-AFF4-C680D329BA12 EB65C3B4-1069-4C1C-853D-5304D43CF18C
C52F81D2-727A-45BC-85FC-D938B30FD1DD 102A4BED-876B-437B-8AF3-B9324F79D281
45B4BC50-ABD9-44B4-9DB7-5D4038D6E012 71098BDD-2DB3-4011-811D-8A13E667FE7D
7D1DD51E-94DD-4201-BBF6-AF7CA7459F69 B491DFC3-E800-4710-AC64-DD52E6167190
CB5F524B-753F-44B6-8412-A60FF2F5E073 325E6A19-5E92-4854-B448-6E21B57CE8B9
53406211-8CC9-4C40-9B52-DB35E34AF439 7A192D21-35EA-47C0-9812-53B267E7DFD5
0CE3A553-E893-4273-9EE6-F54CADCD958A 80A8E306-5D3B-40AD-AF71-20ED4958D0EB
73142B3B-48BD-4BC8-9425-5DEE64D78837 FB0C7943-5764-45F1-B09D-ECB435F6593B
48E5BCA7-7A66-4932-99FF-3BBD2967EED2 FD6BD4FB-80F6-4AE0-AB55-E06DCCC22ADE
48EEE623-4025-425A-9D58-12C13E0B4D47 01C48353-15E9-46A3-A0A7-EF258B87C160
9EBC21CE-B491-4E09-BBD8-6C1B9D088427 D7A5C1C5-F81C-45A1-B1A5-FA4517428B59
046F937A-4CE5-4112-95B1-552E6B903301 81EF36BF-1CC0-4612-9CFC-791AF60279DA
8D4D1308-755C-4923-A4CB-C4261E7E7F22

IMG_7798 IMG_7797 9CB214E8-45F9-469F-BFB8-FE0F33320ED9
75646E1A-6241-4450-AE86-D35211FE5D41 DEB1AD15-CBFE-411A-8806-587B67AA3899 E3C1C253-2393-4569-8DBC-7BF7533BAB9C
021EB10D-452D-4A35-B0AE-1DAFA9221B7D 55E023B2-47BB-45D0-BEF2-B0BFA5751DDA D8F071C0-119B-42EF-953C-27068C8A894A
5BA5E297-74A4-438A-BE77-4D0970E4581A E501D33C-3013-465B-9789-DDB1E0E0E185 9E550498-67B4-4195-8292-57AA6FF6BEB4
C432AE21-A499-4B87-AEBB-389015A0343B B779C27C-9258-4B2D-B412-D1DAD79C8BE0 73644B4C-E7A6-4B87-BEB3-A9178AEE5187
3D6FBC8A-D6D1-4582-95AA-BCA4A8587043 0C4632E8-6445-4CAE-8436-8D78347AE585 A5127A94-09F5-4AAE-B26F-21E4128C1838
83B91CA5-1A90-41A2-AA08-324D74D8EA69 281A47FB-ADB2-440D-AE6A-BCAAC3B90DC7 94105BA3-CBF3-451B-882F-0FEF7CB881BA
IMG_7874 01BAB187-44E8-49F8-B832-1C566A7A6359 8BF4F1E0-E372-413D-8778-15498EA84D84 D99C2EEF-EFAA-4DB4-B8F5-B1FB2CEC2552 8E922456-5FEB-427F-9348-659EED5F03A9 C32525F0-82D4-4D8D-B64E-32F2A60C4D94 A44E7D9F-DD43-49EC-964C-730568AB8A6B 43B40FFF-8C01-4F40-8756-44076732FE09 B3E448D3-9FA9-4867-BEC6-C85870BE21C7 121968D4-3156-4745-B7E4-BFD139A64080 DAC7851C-599A-496D-ABC7-C1A557899B49 E81F2E2A-F7D3-4EBA-A5D4-85206FBCAEB8
83C7332B-0B7F-414B-B31F-AC96DBEE52BF EFE42F87-727D-48BA-A58F-4582BF8E8834 363CC682-90C7-499E-AE51-0614FCEFCF0C 
FA4E1D3A-2BBA-418A-B24D-9E7B481DFB74 372B3139-AB63-4E6A-B8FF-FFD20492C1D0 EBAA0722-16DE-498F-BCD1-D921CDEB9029
5365CF77-E566-4628-B258-A071E0547F81 B4767B0F-830B-4E50-ABCB-14F53BB95F2D 14D6D2DF-0C7E-4B13-BE3E-A05E25EA12B0
3C886A64-CA85-42D4-B118-4CB523CB275B 238731AF-A0A1-4D8D-8566-27849D40C070 9CB214E8-45F9-469F-BFB8-FE0F33320ED9

最後に人形島までのアクセスのご案内です。
地下鉄2番線の終点Tasquena駅(5ペソ)→ 路面電車で終点Xochimilco(ソチミルコ)(6ペソ)まで向かいます。
FullSizeRender
路面電車に乗るにはスイカの様なカードが必要で15ペソの費用がかかり、往復で12ペソを別途チャージする必要があります。
ソチミルコ駅から徒歩10分程度で船着場の「Pier Fernando Celada」に到着します。

IMG_7798
写真表記の通り左から2,3,4時間のコースがあり、1時間500ペソとなります。
人形島へ行くには、4時間コース(2,000ペソ)に申し込まなければ辿り着けません。
一隻辺りの費用なので、人数が多ければ多い程、一人当たりのコストは安く済みます。
(最大積載人数は不明…)

乗船後、水門を通る箇所があり乗り換えが一度ありました。
人形島へは1時間程度で到着します。
また船からの景色も素晴らしく、移動時間も楽しむ事が出来ます。
FB44E28D-C8CE-465C-A21E-7194E1528C7D 24AEDC24-50A7-4524-B494-82DC07D2F7AB
注意点として偽の人形島が二箇所存在します。
わかりづらいですが、この写真がそうです。
遠目で見ただけですが、安っぽさが一目でわかります…。
遠くに行くのが面倒で、手前にある偽島へ案内させられる事があるそうですが、事前にGoogle マップやmaps.meで本物の場所に印をつけておけば容易に確認する事が出来ますね。
また本物の人形島は、入場料が50ペソかかります。